最後から3発前のボディとかもうやばいよね

なんか世間のトレンドでは盆とか夏休みの兆候が見られソーシャルメディアを開くと帰省か旅行か暇を持て余すかの3つのどれかでやはり人には休息が必要、1月年始、5月ゴールデンウィーク、と連休があるのでやっぱ8月,9月ぐらいには連休が欲しいよね、どっか適当に知らないところ行ってやることなく退屈から逃げられずに後悔したいとか思うわけですが当方は絶賛仕事中であり今日は打ち合わせのため直行でアオイチ、郊外に住むアーバンな方々に説明を加えるならばアオイチというのは着色料青色1号ではなくもちろん青山一丁目のことである。ちと早めに現地に赴きやはりシャレオツなカフェでコーヒーを飲みタバコを吸いながらぼんやりサム・グレコのことを考えている。

サム・グレコというと一般認知度99%を誇る格闘家でありK-1で活躍していたのも記憶に新しい。総合の舞台でもヒース・ヒーリングが膝を故障してなんか勝った、みたいなことや、K-1ではブランコ・シカティックをラッシュで沈めた際の最後から3発前のボディとかもうやばいよね、みたいな会話はシャレオツカフェにいると隣のテーブルから聴こえてくる話題としては安定して上位に表れ”ザ・ビースト” ボブ・サップをK-1に引き込んだことでも有名であるが、やはりラスタとんねるずの将棋っぽいやつで木梨憲武と死闘を演じたことでお茶の間の話題をかっさらった二枚目という印象も強い。怪我に悩まされながらも後年は総合にも対応していて数年時代が遅ければと悔やまれ度では金泰泳といい勝負である。

なぜサム・グレコのことを考えているかというと前述の通り今青山一丁目、エルグレコで冷コーを飲んでおり新青山ビルの地下一階、なんつーの?アンティーク?知らんけど、フランス人形の絵画やらステンドグラスが飾られてて大変シャレオツなわけで、喫煙席は奥に設けられ素敵。やはり青山一丁目はシャレオツであり安息、これからの打ち合わせであがってくるであろう難題も誰かがなんとかしてくれるという気持ちにさせてくれる。安息は必要であり休息は必要でありどっかで連休ほしいな、休みが取れたらサム・グレコの出身地であるメルボルンにでも旅行に行きたいなと考えながらおれ、アイスコーヒー(値段見てない)を飲む。

greco