全盛期のサンコン

雨空の渋谷。今こうパソコンをかたかたしているのだが大変落ち着かないわけであり、なぜ落ち着かないかというと窓際片面のカウンター席、つまりは窓側に晒されている状態でパソコンをかたかたしており明治通りや宮下公園、明治通をまたぐ歩道橋から間の抜けた顔をしたおれがmacbook airをカタカタしている滑稽な様が晒されているのであり雨空の渋谷、傘を持ち歩く通行人の方々にあいつ窓際でmacbook air開いてドヤ顔してやんのケラケラなどと思われている可能性があり大変気まずいのが一つ、ではあるがそれよりも私を落ち着かなくさせるのは他の席がおれの背面、つまりは後ろの席に誰かがいたり通ったりすることでありこれが非常にまずい。なぜかというとちらっとディスプレイを覗かれあいつ「雨空の渋谷。〜〜」とか書いてやんのケラケラとなる可能性が無い訳ではなく視力が超絶よい全盛期のサンコンであればこの小さなディスプレイ、miエディタ、今書き込んでいる名称未設定.txtの別タブ、index002.htmlってなんだよケラケラ、002ってなんだよケラケラとなるわけでやはり後ろの目には注意されたい。まぁ誰も見ない。といいますかたまにシャレオツカフェでパソコンかたかた叩いている坊や達の中には余裕で人に見られる状態で業務関連の資料を開いている童貞がいるのでマジで席には気をつけようねと言ってあげたいけどおれ、おまえがだれか知らないしそれよりもまず童貞なら大塚のピンサロにでも行っておいでとアドヴァイスをしてあげたい。雨は強くなったり弱くなったり。

しかし週の真ん中水曜日、平日もど平日の午前になぜこんなクソブログを更新できているかというと本日所用があり午前半休をいただいたわけで、サラリーマンであるおれ、始業時間は10時でありその所用がぼちぼち時間かかるかなと思ったがしかし仕事以外は先手先手を心がけたい昨今、早めに行ったらばもう10時前には終わっちゃったぜというかんじでややウケ。ここでニート諸君にはおそらくわからない世界であろうが午前半休というのは半日の有給休暇であり、「あれれれれ〜〜????”午前”半休ってことは10時〜12時まで行かなくていいズラか???」となりそうではあるがそこは頓馬なニートに免じて許してあげる。14時に出社すればよいのである。童貞かつニートからはおかしいではないか解せないではないかと反論があるかもしれないが社会人とはそういう世界なのである。終日というのは翌日の朝イチを意味し、とりあえず「確認します。」と言っておけばやり過ごせる世界なのである。今週いっぱいとは月曜朝イチを意味するので土日をフル活用することもできるのである。そういう世界なのである。寝るまでがその日であり寝て起きたら明日なのである。時間なんてただの文字列さ。そんな世界がおかしいと思わないかい?そしてそのおかしい世界に異を唱えて世界を変えるのは君なのである。この狂った世界を君の力で変えてくれ。でもほんとうにやばい時は誰かがなんとかしてくれることもあるから捨てたもんじゃないぜ?

というのは置いておいて、前述のくだりで今は渋谷でありFREEMAN CAFE、雨はまだ降り朝も早いので客もまばら、窓際のカウンター席、電源が完備されているのでPC持って作業もできそうではあるが後ろには気をつけてね。というのを除けば明治通りも一望でき風が強い日なんかは運がよければパンチラとか拝めてよいのではないですかね。露出が増えてくる季節でもありパナい。知らんけど。ということで14時までどう時間を潰そうか考えながら雨がやむのを待つおれ、アイスコーヒー450円を飲む。

freeman