カップルは4人がけの丸テーブルにて対面に座るのではなく隣に座り半円

気がつけばブログを書かず4ヶ月ほど経っており、それではこの間何をしていたかというと、やはり特に何をしたわけでもなく平日は働きお酒を飲み寝て起き、さて休みの日になると競馬・パチンコ・スロットで散財しすっかりやる気を削がれ二度とすまいと決意新たに翌週を迎えるけれども結局足を運んでしまうクズ。つまりは時間の使う方法に疎いのであり、時間の使い方に疎いものがクズである。そして新年、何かを変えるにはよいきっかけ。何かを変えるのはいつでも良く、今日でも明日でも。まぁでもね、なんかこう、えいやあとするには何かしらあったほうがよいよねってことでクズい休日を脱するべくベイマックスを見、ブックオフで購買した宮部みゆきを読み新年。あ、そういえばブログがあったと思いだしたので、シャレオツなカフェを探して新宿西口方面へ。

新宿西口というと家電店や飲み屋、オフィスビルが並んでおり歌舞伎町方面とはすっかり色が違っちゃってなんかウザいなぁとか思うわけですが、普段仕事のクライアントがこの辺にもあるためたまに来る程度。歌舞伎町によくいくバーがあるけれども、普段は仕事を終えて11時ぐらいに行ければラッキーなところ、クライアント直帰なんかのときにはもう早くから行けて早く帰れるので最の高。オフィスを新宿に移転していただくと大変捗りますので、ここはひとつ社長に移転を提案してみよう。今年からサブチーフとかなんとかいうのがついたんですよ。サブチーフ。広辞苑によるとサブチーフというは「パチンコ・スロットをしない者」とありますのでここはひとつ、サブチーフたるべくパチンコ・スロットを控えようと決意をする。

ということで新宿西口へとチャリをこぎ、甲州街道沿いに駐輪、さて探そうとふらふらと歩いておりますとやはりあるのがパチンコ屋さんであり、おそらく負けたのであろうクズが中から出てくるとズンベラボンというけたたましい音が店内から漏れ出て、うんうん、おれはもう貴様と違ってサブチーフでありパチンコ・スロットはもう控えるのだヨイ!と思いながらも様子を見に入店をしたのがちょい前であり、財布を軽くしてしまったのが今である。クズである。なんのやる気も起きずもうだめだ。なんかもう。いいや。うん。いいや。本を読んだほうが有意義だ。うん。話の構成、表現、展開。宮部みゆきを読んだほうがよい。もうダメだ。もうだめなところ、グッと歯を食いしばり見上げたところにシャレオツなカフェ、ル・カフェ・ドゥブルベである。

ピアノっぽいのもがある店内は賑わっておりカップルがいたり、女子会がいたり、童貞3人組っぽいのがおり、大変新宿西口である。二組いるカップルは4人がけの丸テーブルにて対面に座るのではなく隣に座り半円、愛を語り楽しそうであるがこちらは何も楽しくなく、ただただ壁に設置されている40型のテレビから流れる大相撲を見ている。ちょうどLINEの貴乃花スタンプを落とした。LINEの貴乃花スタンプの使い勝手の良さはすごいんだ。「はっけよーい」というスタンプがあり、なんのスタンプでも前振りになるんだ。はっけよーい→すみません、はっけよーい→頑張ります、なんでもいいのである。そしてもうなんかどうでもいいのである。次の週末こそはっけよーい、パチンコをやめるぞ!と決意をしたおれ、ホットコーヒー(値段見てない)を飲む。

IMG_5524