がんばれニッポン!

お賃銀が入って調子に乗っていたらば早々にキャッシュがほぼほぼ無くなりこりゃやべえぞおいとなりいやしかし当月を乗り越えればボーナス、耐えきればなんとかなるとクレジットカードの決済期間を右手に数え決済月を越えると即クレジットカードを利用し難を逃れるも昼はペヤング超大盛り、夜はSガストのハンバーグ定食400円もしくはコンビニおにぎりで過ごし満身創痍で迎えた今月の給料日であり、金なら持ってんぞ!昼は魚を食うぞおらぁ!生魚はダメだからよく焼いたってくれやおらぁ!となり、夜は夜でほらほら飲めやおらぁ!と景気良く飲み、打ち、買いたいところでありなぜなら明日にはボーナスが入るのでありワールドカップであり、がんばれ日本!オーレーオレオレオレーと口ずさみながらお酒を飲みたく枠にシュートを集めるんだジャパン、おれには金があるぞ、と。

ということで金もあるので今コーヒーを飲んでいるわけですが、ここ入ってみよかしらん、と入ったところのコーヒーがクソ高くても動じることはなく、なぜなら明日には金が入るのであり気にしない気にしないひと休みひと休みである。なぜなら明日はワールドカップである。世界最高レベルのー、えー、なんかスーパーゴールとか、スルーパスとかである。負けられないのであり勝つしかないのである。しかし負けられないのはおまえでもおれでもなく日本代表である。街頭インタビュー。勝つしかない!みたいなことをのたまう頓馬がワイドショー。しかしまぁ不思議なのはオリンピックでもワールドカップでも日本代表の勝利を自分の勝利のように感じる人たちの感覚であり、それは決してお前の勝利ではなく日本代表の勝利なまででございますな、と冷静になってみてはいかがだろうかというと、オウオウ何言うてくれとんどこの童貞野郎が!日本代表の勝利を見てやる気が出て勇気をもらい人生が英気に満ちあふれて英単語3000個憶えられるワイ!と反論してくる者もあろうかと思われるが気のせいなのでほっておこう。たとえば受験生などはそういうの見る暇があったら英単語の一つでも憶えたほうがよいのであり、やった!金メダルだ!僕は志望校に落ちました!となったら残念なので君の金メダルのためにがんばっていただきたい。

渋谷であり、喫茶館 キーフェル グローバルクラブである。店内にはシャンデリアが二つあり店員はポニーテールであり優雅であるブルジョアである。ほんの数日前までプロレタリアートだったおれ、入ってみてクリビツのテンギョーであり、こんなクソ高い喫茶店に入れるなんてどこの貴婦人たちぞ、と店内を見回してみてもおっさんおばはんサラリーマンであり、社会は案外こんなもんよね、とよくわからない悟りを開くのであり数時間後にはスクランブル交差点はわちゃわちゃするのであろう日本戦、通勤路を渋谷ルートにしどんなもんか見に来ようかしらん。日本代表が勝つとワンチャンあるかもなのでがんばれニッポン、おれはおれで英単語を憶えるから。勝つしかないおれ、アイスコーヒー820円を飲む。

kiefer